Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shinjiro-21/maeda-writer.com/public_html/wp/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

社畜やめますか?人間やめますか?お金と労働に振り回されるだけの空っぽな毎日に嫌気が差すばかりの、空しい日々を終わらせるための情報を発信中。

愚痴をこぼす暇とエネルギーを持て余すだけの人生って・・・

Pocket

フォーブス誌の日本長者番付でユニクロの柳井正氏が
首位の資産家と発表されました。

日本長者番付、柳井正7000億円失うも首位

⇒ http://news.yahoo.co.jp/pickup/6196976

 

コメント欄を見ると、ユニクロの現状やブラック企業の批判、
それから、柳井氏の批判でコメント欄が
荒れていますね。

称賛のコメントを探すのが難しいレベルです。

 

 

「その金を社員に渡せ」

「売国企業がランクインとは世も末」などなど。

 

 

元々、私はブラック企業や金持ちを忌み嫌っていたので、
コメントする彼らの言いたいこともわからなくもありません。

社員の年収を100万円にしよう、なんて発言をしたときには、
ドン引きしたことがあります。

おそらくこの感情はWin-Winじゃなくて、社長の一人勝ちのような
構図に見えますから、不満と嫉妬から
不公平だと愚痴りたくなるのも
無理はないと思います。

 

 

でも、愚痴ったところで労働者の地位が社長を超えることは
できませんし、労働者の立場から抜け出さない限りは
仕事に追われ、若くして自由をつかむなんて夢のまた夢になるでしょう。

 

そのような愚痴をこぼすのは、自分の人生の中にある不満を
全て他人のせいにして、現実逃避や責任逃れをするのと
大して変わらないのかもしれません。

 

 

サラリーマンの立場によって得られる給料に満足しないのなら、
会社にコントロールされず、労働時間に依存しない収入源を
増やすために行動を起こす方が手っ取り早いです。

今やインターネットで少額起業ができる時代ですよ。

 

サラリーマンの立場が嫌なら、サラリーマンをずっと
続けなくてもいいように、少しずつでも準備をした方が、
幾分もマシなのは明らかですよね?

 

 

 

ニュース記事のコメント欄で愚痴ったって何も変わりません。

 

愚痴りたい気持ちはわかりますが、それよりもまず、
あなたが愚痴らなくてもいいように、自由になることが
優先事項です。

 

忙しく働く必要がなくなったら、ブラック企業や
搾取とは無縁となって愚痴る気が起きなくなるかもしれません。

 

 

P.S.

今日は強い雨と強風に見舞われました。時折雷も。

4d4126e59f38335a14a928597d4da409_s

強風と大雨は嫌いです。

 

家の中で雨漏りしたり、強風で傘がラッパのようになったりで、
面倒なことが起こったりするので。

この記事を書いた人

前田 真
前田 真
九州の西側出身の言葉が訛らない人。

2013年に大学卒業と同時に就職浪人になる。
資格試験や公務員試験に挑むも面接で惨敗し、
家族に非難をされる日々を送っていた。

それと同時に、サラリーマンとして雇われることに
不安と恐怖を感じ、終身雇用や愛社精神という
常識に疑問を抱くようになる。

すっかりサラリーマンになることへの熱意を失い、
常識に縛られずに自由になりたいと思うようになる。

インターネットサーフィンをしている最中に、
セールスライターやアフィリエイターの存在を知り、
お金になる文章やマーケティング、
自由な人生の邪魔になる思考の取り除き方を学ぶ。

現在も自由をつかむための情報をこのブログに発信している。
Pocket

関連記事

コメント

  1. アバター

    夜分遅くにこんばんは、お久しぶりです。前田様。

    椎名あいです。

    私愚痴には本当に無縁なんです。

    自慢でもなんでもなくこういったことがありまして。

    愚痴は一時だけ、幸せを得るかもしれません。

    スッキリしますから。

    ただし吐いてしまえば最後。

    その癖は、根強くあなたの心を蝕みます。

    永遠に幸せになりたいと口語するならば

    その愚痴をいう口を閉じりゃ良い。

    世の中の不幸がハエのように飛び交っているのを

    眺める事ができるだろう。

    そして、恐ろしく思うだろう。

    私はこういった気でいます。

    愚痴こそ言いませんが

    自分がしっかりしていないとちょっと自分をせめてやりたくなってしまいます。

    ……私もまだまだ甘いですね(笑)

    私の見解はご参考にまでです。

    また、素敵な記事に出会えると信じて

    ブックマークしておきますねっ!

    それではっ

    私も愚痴に関しての記事を先週ほどかいていましたので

    よろしければ、ブログの方にお越し下さいねっ!

    ーー椎名あい。

    • 前田 真

      >椎名あい。さん

      こんにちは。前田です。

      愚痴っても一時的にスカッとするだけで、それが癖になったら
      一生愚痴り続けるだけになるという意見には本当に共感します。

      本当に現状が嫌なら、愚痴らなくてもいい環境を自ら作るのが
      手っ取り早い方法だと思います。

      では、私も椎名あい。さんのブログに足を運ばせていただきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

代替テキスト

名前:前田 真

大学卒業と同時に就職浪人となった上に、
その後も民間企業への就活、行政書士試験、
公務員試験で惨敗経験のある九州人(長崎)。

雇われて生きることへの絶望感、
雇われては手に入らない、
本物の自由を求めたことから、
たまたま知ったネットビジネスを始める。

始めて2か月目、雇われることなく
お金を稼いでしまい、驚く。

同時に、揺るぎない自信と
未来への希望を手に入れる。



このブログでは、以下2つの記事を
メインに公開しています。

1.売るべくして売るために必要な、
文章作成、人間心理の知識

2.サラリーマンでは絶対に得られない、
時間・心身・金銭の自由をつかむための
頭の使い方、発想、考え方



もし、あなたが今に不満を持ち、
自由を心から求めるのでしたら・・・

まずは、すぐ下のリンクから自由をつかむための
勇気ある一歩を踏み出してみてください。


⇒ 自由をつかみたいあなたへ


ブログランキング参加中です。読む価値があったと
思いましたら、リンクのクリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ

あなたの応援、いつもありがとうございます。


更に詳しいプロフィールは、こちら
⇒ 管理人の詳しいプロフィール

お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム
すぐ上の画像をクリックすると、
お問い合わせページが開きます。

質問や感想などは、お気軽にどうぞ。

お問い合わせに返信できない場合がございますが、
全てのお問い合わせにきちんと目を通します。

「本物の」自由な世界行きのバイブル

自由な人生を手に入れる教科書

「雇われて、ストレス抱えて、
定年退職後からが本当に
自由な人生」

あなたはそんな常識に
違和感を感じていませんか?


違和感を感じているなら、
あなたは正しいです。

そんな常識は古代の誰かが作った
現実と合ってないまやかしです。


もう古代の常識に縛られずに
これからの未来を満足に生きたい!


そう思うのでしたら、
「自由を手に入れる教科書」
読んでみてはいかがでしょうか?


今なら、Amazonベストセラーランキング1位の電子書籍を無料+豪華特典付き
手に入れることができますよ。

無料で自由へのバイブルを見る!

レビュー記事はこちら!

「不幸な習慣」、今すぐ取り払いませんか?

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!


いくら、お金になるスキルを持っていても、
自分を不幸にする習慣を持っていたら、
ブレーキをかけながら走るように、
結果が出せないものです。

思った以上に結果が出ないと感じている
あなたに必見の一冊を上記のリンクから
今だけ無料(送料別)で手に入れることが
できます。

まだ学習に時間かけてるの?

教材をいざ買ってみたけど、
時間不足や消化不良で
稼げずに手間取ってる…。

なんだか、周りの人より
学習内容の飲み込みが悪く、
劣等感を感じている・・・

そうなる理由は、あなたが学習のやり方を
知らないからだと考えられます。

あなたがそんな悩みを抱えているなら、
多少ズルいけど頭に素早く長く入れ込む
学習法を試してみませんか?

今まで受けた学校教育では決して学べない、
「学習の方法」をあなたのものにしませんか?

リンク先のページからなら、
今だけ66%オフの価格で手にできます。

ズルくてもいいから、教材を素早く消化して、
稼げない自分を卒業したい人は・・・

⇒ こちら!

Twitter

スポンサーリンク