Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shinjiro-21/maeda-writer.com/public_html/wp/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

社畜やめますか?人間やめますか?お金と労働に振り回されるだけの空っぽな毎日に嫌気が差すばかりの、空しい日々を終わらせるための情報を発信中。

学んでますか?お金を稼ぐより難しく、超重要な、お金の使い方。

Pocket

実際に自分で稼いでみて強く実感したのですが、
お金を使うのって稼ぐより非常に難しいんですよね。

(ここでいうお金の使い方は、お金を数字以上の価値で使う使い方です。)

事実、お小遣いや仕送り、大学でのアルバイトの給料を
もらってた時代の私は、お金を全然使いこなせてませんでした。

ただただ、銀行口座に寝かせたり消費したり。

そして、財布の中がすっからかんに・・・なんてことも多々ありました。(苦笑

 

お金の使い方なんて教わってないのですから、
こうなるのも当然でした。

今となっては自分が凄く恥ずかしいです。

 

・・・と、私はこんな経験をしてきましたが、

あなたはお金の使い方を、先生や親に教えてもらいました?

お金に苦しんでいる労働者の家庭や、学校で育ったなら、
お金の使い方を学んでいないことでしょう。

 

先ほども言ったように、私は学校教育を受けている間に、
お金の使い方を学校でも家でも教えてもらったことはありませんでした。

(そもそも、大人達が知らないし、学ぼうとしていないので。)

 

ストレスの対価としてわずかなお金をもらい、
そのお金を銀行口座に寝かせておくのを見てきたくらいでしょうか。

それと、貯金は大事と言いながら、旨味のない定期預金をしたり、
口座内に塩漬けにしたり、車や保険にお金を思考停止で払うなど、
カオスな光景も見てきました。

 

今でも覚えてる話なのですが、

保険の話となると、私そっちのけで保険屋と両親だけで
勝手に話を進めてたりしてました。

今の私は、お金の使い方知らないと、
ここまで無駄に搾取されるんだな・・・と
恐れや呆れの感情が生まれてきます。

 

 

言うまでもないですが、お金に対する無知って極めてヤバいです。

車(主に大衆車)や保険屋が進める保険、住宅ローンといったものは
無知な人から搾り取るためにあるものなんですから。

あと、銀行が勧める投資信託とかもそうですね。

あくまで、売った人を最優先でお金持ちにするための売り込みですので。

 

結論から言うと、普通に常識的に生きていても、
お金の使い方は絶対に上手くなりません。

常識的に生きてきた大人でもお金を上手く使えない人の方が
圧倒的に数が多いのですから。

それもあって、お金の使い方が上手い人が少なく、
お金の使い方が難しいものとなっているのでしょう・・・。

 

 

お金の使い方は、お金の使い方を知っている人から聞く、
その人が作った書籍やセミナーから学ぶのが
手っ取り早いですし、そうするのが王道です。

 

間違っても、お金に振り回されて苦しんでいる人から
学ぼうとするのはやめましょうね。

何の得にもなりませんから。

 

一つ言えることは、

お金の使い方を学べば、お金の理解も深まりますし、
毎日お金に振り回される人生が全てじゃないとわかり、
人生の選択肢が増えて、人生が面白くなるのは間違いありません。

ボーっとせずに、今すぐにでも学ぶことをおすすめします。

 

 

P.S.

今では、学校でも職場でも教えてくれないお金の使い方を知る、
お金の教養講座だってあります。

こちらの講座は、無料で申し込んで会場に来れば、
お金の使い方を無料で知ることもできます。

お金の教養講座を受けるならこちら!

格安のWEB講座版もありますので、場所に縛られずに
繰り返し繰り返し学ぶこともできます。

 

この手のセミナー特有の有料講座の案内もありますが、
まぁ、無料講座だけでわかりやすく十分なクオリティですので、
入校はきっぱりと断ってもいいですね。

(案内は断りにくい強引な勧誘ではないので、安心して臨めます。)

 

無料講座を受け終わったら、
有料講座の案内は無視して復習に時間を使うのが効率的です。

(どうしても入りたいというなら自己責任でお願いします。)

 

ごく当たり前のことですが、

「別にお金のこととか興味ない」

「お金のことを学ぶなんて汚らわしい」

みたいな人には絶対におすすめできませんので、ご注意ください。

 

お金はボーっと持ってるだけでは、お金がゴミと化しますから、
お金について賢く使えるようになりたいなら、
すぐに申し込んでみるのはどうでしょう?

お金の教養講座を受けるならこちら!

この記事を書いた人

前田 真
前田 真
九州の西側出身の言葉が訛らない人。

2013年に大学卒業と同時に就職浪人になる。
資格試験や公務員試験に挑むも面接で惨敗し、
家族に非難をされる日々を送っていた。

それと同時に、サラリーマンとして雇われることに
不安と恐怖を感じ、終身雇用や愛社精神という
常識に疑問を抱くようになる。

すっかりサラリーマンになることへの熱意を失い、
常識に縛られずに自由になりたいと思うようになる。

インターネットサーフィンをしている最中に、
セールスライターやアフィリエイターの存在を知り、
お金になる文章やマーケティング、
自由な人生の邪魔になる思考の取り除き方を学ぶ。

現在も自由をつかむための情報をこのブログに発信している。
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

代替テキスト

名前:前田 真

大学卒業と同時に就職浪人となった上に、
その後も民間企業への就活、行政書士試験、
公務員試験で惨敗経験のある九州人(長崎)。

雇われて生きることへの絶望感、
雇われては手に入らない、
本物の自由を求めたことから、
たまたま知ったネットビジネスを始める。

始めて2か月目、雇われることなく
お金を稼いでしまい、驚く。

同時に、揺るぎない自信と
未来への希望を手に入れる。



このブログでは、以下2つの記事を
メインに公開しています。

1.売るべくして売るために必要な、
文章作成、人間心理の知識

2.サラリーマンでは絶対に得られない、
時間・心身・金銭の自由をつかむための
頭の使い方、発想、考え方



もし、あなたが今に不満を持ち、
自由を心から求めるのでしたら・・・

まずは、すぐ下のリンクから自由をつかむための
勇気ある一歩を踏み出してみてください。


⇒ 自由をつかみたいあなたへ


ブログランキング参加中です。読む価値があったと
思いましたら、リンクのクリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ

あなたの応援、いつもありがとうございます。


更に詳しいプロフィールは、こちら
⇒ 管理人の詳しいプロフィール

お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム
すぐ上の画像をクリックすると、
お問い合わせページが開きます。

質問や感想などは、お気軽にどうぞ。

お問い合わせに返信できない場合がございますが、
全てのお問い合わせにきちんと目を通します。

「本物の」自由な世界行きのバイブル

自由な人生を手に入れる教科書

「雇われて、ストレス抱えて、
定年退職後からが本当に
自由な人生」

あなたはそんな常識に
違和感を感じていませんか?


違和感を感じているなら、
あなたは正しいです。

そんな常識は古代の誰かが作った
現実と合ってないまやかしです。


もう古代の常識に縛られずに
これからの未来を満足に生きたい!


そう思うのでしたら、
「自由を手に入れる教科書」
読んでみてはいかがでしょうか?


今なら、Amazonベストセラーランキング1位の電子書籍を無料+豪華特典付き
手に入れることができますよ。

無料で自由へのバイブルを見る!

レビュー記事はこちら!

「不幸な習慣」、今すぐ取り払いませんか?

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!


いくら、お金になるスキルを持っていても、
自分を不幸にする習慣を持っていたら、
ブレーキをかけながら走るように、
結果が出せないものです。

思った以上に結果が出ないと感じている
あなたに必見の一冊を上記のリンクから
今だけ無料(送料別)で手に入れることが
できます。

まだ学習に時間かけてるの?

教材をいざ買ってみたけど、
時間不足や消化不良で
稼げずに手間取ってる…。

なんだか、周りの人より
学習内容の飲み込みが悪く、
劣等感を感じている・・・

そうなる理由は、あなたが学習のやり方を
知らないからだと考えられます。

あなたがそんな悩みを抱えているなら、
多少ズルいけど頭に素早く長く入れ込む
学習法を試してみませんか?

今まで受けた学校教育では決して学べない、
「学習の方法」をあなたのものにしませんか?

リンク先のページからなら、
今だけ66%オフの価格で手にできます。

ズルくてもいいから、教材を素早く消化して、
稼げない自分を卒業したい人は・・・

⇒ こちら!

Twitter

スポンサーリンク