Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shinjiro-21/maeda-writer.com/public_html/wp/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

社畜やめますか?人間やめますか?お金と労働に振り回されるだけの空っぽな毎日に嫌気が差すばかりの、空しい日々を終わらせるための情報を発信中。

人を動かす、強い感情とは?

Pocket

人が行動を起こす原動力の根底にあるものは感情です。

コンプレックスや復讐心、プライドや守りたい思いなどなど、
そういった感情があるから、人は動くのです。

 

ちなみに、その中でも強力な感情は、「恐怖」です。

 

 

恐怖があるとストレスを感じ、

「恐怖をやわらげたい」

「恐怖を避けたい」

「恐怖を乗り越えたい」

という欲望が生まれてくるものです。

 

恐怖は本当に強いパワーを持った感情です。

実際に、大半の人が恐怖によって動かされていますからね。

 

 

たとえば、仕事が嫌だと愚痴っていても、
仕事を辞めたら困ってしまうサラリーマン。

 

彼らには、

働かないとお金が手に入らない恐怖

マニュアルから1ミリでも外れたらガミガミと説教される恐怖

有給を使ったら、「あいつだけ休んでる・・・」と妬まれる恐怖

結果を出さないと、クビにされる恐怖

などなど、たくさんの恐怖につきまとわれています。

 

もちろん、サラリーマンたちはそんな恐怖に
ストレスを感じ、恐怖を振り払いたいと考えます。

そこで使われる、恐怖を紛らわす手段が忙しく働くことです。

 

 

しかし、忙しく働くことは一時しのぎにすぎず、
働き続けなければならない限りは恐怖は振り払えません。

 

で、彼らが持つたくさんの恐怖が会社に上手いこと利用されているわけです。

 

だからこそ、サラリーマンたちは「仕事嫌だー!」と言っても、
恐怖を上手いこと利用され、自分を無理矢理働かせているのです。

恐怖と忙しさで、お先真っ暗どころか
お先滅茶苦茶になるかもしれないことが
きちんと判断できずに・・・。

 

 

このように、恐怖は人を動かせるほどのパワーがあります。

私は、こんな風に恐怖の感情を使ってほしいと思いませんが・・・。

 

恐怖を上手く利用すれば、売ることの難しさをやわらげることもできます。

 

 

例としては、健康食品がいい例ですね。

1.忙しさのために野菜が摂れていないのでは?

2.そのまま放っておくと、大変なことになりますよ・・・

3.そんなあなたの今を解決するのがこちらのサプリメント!

恐怖を利用した売り方を超ざっくりと説明するならこんな感じですね。

1で問題提起、2で恐怖心をくすぐり、3で商品の提示です。

 

それで恐怖をやわらげることができたなら、
売れやすくなりますし、リピーターは付きやすいでしょう。

 

恐怖心をくすぐられると、恐怖を避けたいと思うのが人間の性。

恐怖を避けるためなら、人はお金を払います。

 

恐怖心をくすぐれるなら、くすぐってみてはどうでしょう?

 

 

 

 

・・・あ、間違っても全く役に立たない物を売るのはダメですからね。

この記事を書いた人

前田 真
前田 真
九州の西側出身の言葉が訛らない人。

2013年に大学卒業と同時に就職浪人になる。
資格試験や公務員試験に挑むも面接で惨敗し、
家族に非難をされる日々を送っていた。

それと同時に、サラリーマンとして雇われることに
不安と恐怖を感じ、終身雇用や愛社精神という
常識に疑問を抱くようになる。

すっかりサラリーマンになることへの熱意を失い、
常識に縛られずに自由になりたいと思うようになる。

インターネットサーフィンをしている最中に、
セールスライターやアフィリエイターの存在を知り、
お金になる文章やマーケティング、
自由な人生の邪魔になる思考の取り除き方を学ぶ。

現在も自由をつかむための情報をこのブログに発信している。
Pocket

関連記事

コメント

  1. アバター

    こんにちはトシです。

    人間の感情の中で、最初に形成されるのは「恐怖心」であるとどこかで聞いたような気がします。
    だからこの恐怖心という感情には強烈なパワーが宿っているんですね。この恐怖心に勝つだけの「断固たる決意」がなければ「変化」しようとは考えないのが人間です。僕は今、その「断固たる決意」を持つ準備中です。

    いつも、「変化」を恐れない気持ちに誘う情報発信をありがとうございます。

    • 前田 真

      トシさん

      こんにちは。前田です。

      いつもコメントありがとうございます。

      恐怖は人を簡単に動かせるほどのパワーを持っています。

      人を良くもしますし悪くもするので、
      恐怖のパワーは使いどころを間違ってはなりませんね・・・。

  2. アバター

    こんばんは。
    恐怖心は人行動に移す絶大なパワーがあるようですね。
    ライティングの中でうまく利用すればいい結果が得られそうです。
    ありがとうございます!

    • 前田 真

      QooAIBOさん

      こんばんは。前田です。

      いつもコメントありがとうございます。

      恐怖心はかなりストレスを与えますから、
      それを避けるために、人は動くものです。

      恐怖心は人を良くも悪くもする強い感情ですので、
      乱用はしないよう気をつけてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

代替テキスト

名前:前田 真

大学卒業と同時に就職浪人となった上に、
その後も民間企業への就活、行政書士試験、
公務員試験で惨敗経験のある九州人(長崎)。

雇われて生きることへの絶望感、
雇われては手に入らない、
本物の自由を求めたことから、
たまたま知ったネットビジネスを始める。

始めて2か月目、雇われることなく
お金を稼いでしまい、驚く。

同時に、揺るぎない自信と
未来への希望を手に入れる。



このブログでは、以下2つの記事を
メインに公開しています。

1.売るべくして売るために必要な、
文章作成、人間心理の知識

2.サラリーマンでは絶対に得られない、
時間・心身・金銭の自由をつかむための
頭の使い方、発想、考え方



もし、あなたが今に不満を持ち、
自由を心から求めるのでしたら・・・

まずは、すぐ下のリンクから自由をつかむための
勇気ある一歩を踏み出してみてください。


⇒ 自由をつかみたいあなたへ


ブログランキング参加中です。読む価値があったと
思いましたら、リンクのクリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ

あなたの応援、いつもありがとうございます。


更に詳しいプロフィールは、こちら
⇒ 管理人の詳しいプロフィール

お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム
すぐ上の画像をクリックすると、
お問い合わせページが開きます。

質問や感想などは、お気軽にどうぞ。

お問い合わせに返信できない場合がございますが、
全てのお問い合わせにきちんと目を通します。

「本物の」自由な世界行きのバイブル

自由な人生を手に入れる教科書

「雇われて、ストレス抱えて、
定年退職後からが本当に
自由な人生」

あなたはそんな常識に
違和感を感じていませんか?


違和感を感じているなら、
あなたは正しいです。

そんな常識は古代の誰かが作った
現実と合ってないまやかしです。


もう古代の常識に縛られずに
これからの未来を満足に生きたい!


そう思うのでしたら、
「自由を手に入れる教科書」
読んでみてはいかがでしょうか?


今なら、Amazonベストセラーランキング1位の電子書籍を無料+豪華特典付き
手に入れることができますよ。

無料で自由へのバイブルを見る!

レビュー記事はこちら!

「不幸な習慣」、今すぐ取り払いませんか?

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!


いくら、お金になるスキルを持っていても、
自分を不幸にする習慣を持っていたら、
ブレーキをかけながら走るように、
結果が出せないものです。

思った以上に結果が出ないと感じている
あなたに必見の一冊を上記のリンクから
今だけ無料(送料別)で手に入れることが
できます。

まだ学習に時間かけてるの?

教材をいざ買ってみたけど、
時間不足や消化不良で
稼げずに手間取ってる…。

なんだか、周りの人より
学習内容の飲み込みが悪く、
劣等感を感じている・・・

そうなる理由は、あなたが学習のやり方を
知らないからだと考えられます。

あなたがそんな悩みを抱えているなら、
多少ズルいけど頭に素早く長く入れ込む
学習法を試してみませんか?

今まで受けた学校教育では決して学べない、
「学習の方法」をあなたのものにしませんか?

リンク先のページからなら、
今だけ66%オフの価格で手にできます。

ズルくてもいいから、教材を素早く消化して、
稼げない自分を卒業したい人は・・・

⇒ こちら!

Twitter

スポンサーリンク