Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shinjiro-21/maeda-writer.com/public_html/wp/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

社畜やめますか?人間やめますか?お金と労働に振り回されるだけの空っぽな毎日に嫌気が差すばかりの、空しい日々を終わらせるための情報を発信中。

お金がない現実から目を反らす労働者たち

Pocket

サラリーマンや公務員といった労働者は
誰もが労働の対価として給料をもらっているのは
あなたも知っていることだと思います。

私が子供の頃から見てきた労働者の姿はまさにこれです。

 

その他にも、「給料日前で金がないんだよ~」と言ってる
労働者達の姿(ブルーカラー、ホワイトカラー問わず)を
私はいろんなところで見てきました。

現代に生きる人々のあるあるネタですね。

 

おそらく、あなたも給料日前にスカンピンになった人を
見たことがあるか、彼らと同じ状態になったことが
あるかもしれません。

 

でも、彼らはお金がない現実に不満を持っていても、
愚痴をこぼしたり、今以上に働くことでしかお金を殖やせず、
来るはずのない自由をずっと待ち望みながら、
行き詰った現状を抜け出せずにいます。

その上、彼らはそんな慢性的な貧乏に慣れてしまう始末で、
自身の貧乏に対して本気で向き合おうとしない、
または、向き合うことができないのです。

ですから、頭ではわかっていても、給料が入っては
お金がたまらず、金欠に頭を悩ませることの繰り返しです。

確かに雇われている限り、月末に給料がもらえることは
保障されているでしょうけど、お金の問題に悩まされている
労働者の数は数えきれません。

たとえ、年収1000万円クラスの社員でも
お金に苦しんでいる人がいるわけですし。

更には、お金がないことであらゆるチャンスも逃して、
ラットレースから逃げられない始末です。

 

 

コストカットだけでは何の解決にもならない。

 

お金がない状況に対してよく使われるのがコストカット。

確かにコストカットは悪くない考え方ですが、
それだけでは何の解決にもなりません。

たとえ、趣味やレジャーを切り詰めて仕事に取り組んだとしても、
それだけではお金の問題を解決することはできません。

どんなに我慢、我慢でも人間は無限に我慢できるほど強くないですから。

 

実のところ、たとえ趣味やレジャーを切り詰めても、
出ていくお金の額を抑えるのは厳しいのが現状です。

たとえば、ホワイトカラーであるサラリーマンや公務員の場合、
仕事をする、仕事を円滑にする、仕事に行くだけでも、
ヤバいくらいのお金が必要です。

スーツを買う、スーツをクリーニングに出す、靴を買う、
靴磨きを買う、車を買う・・・

どこかに雇われて働くだけでも、ぶっ飛ぶお金は
半端なものじゃありません。(汗)

 

いや、労働者になろうとする段階でも、
お金はぶっ飛んでいくんですけどね・・・。

 

ちなみに、私が大学入学前や就職活動する前に
紳士服店に行った際には、スーツや革靴、ワイシャツやネクタイ、
ネクタイピン、ソックスやかばんなど、サラリーマンや公務員に
なる前の段階から、凄くお金がかかっているのを身を持って知りました。

先ほど挙げたアイテムは1回買えばそれでいいものじゃありませんし、
スーツ1着から更に抜き取られる金額もバカにできないものです・・・。

 

就職活動をしていた時期は、それが当たり前だから仕方ないと、
そう思っていましたけど、今では、その当たり前を疑わない
スタンスでいた私自身にゾッとしてます。

サラリーマンや公務員として雇われるなら、
自分が貧乏になる覚悟が必要だな・・・と、
自分の過去を振り返ってそのことを学びました。

 

 

一応、スーツ等を経費で落とす方法はありますけども、
知らない人がほとんどでしょうし、条件があったりで、
なかなか経費として落とせない場合があるので、
労働者がお金を残すのは至難の技です。

そして、どんどんお金に苦しむ無限ループにはまり、
しまいには貧乏が当たり前、仕方ないと開き直ってしまう始末です。

 

でも、労働者たちは皆、「自分を」忙しく働かせることしか知らず、
毎月給料が入ってきても、大概が一定の金額にとどまり、
その金額の中で出費を切り詰めつつ人生の選択肢を
たくさん切り捨てつつも、いつもお金がなくて困っています。

労働収入をあてにしている労働者たちは皆忙しくて、
お金がない問題に本気で向き合うことができず、
貧乏になるべくして貧乏になってるんですよね。

 

お金が全てじゃないとは言っても、
資本主義社会のこの国で幸せに生きるためには
お金が必要です。

お金はないよりあった方が、人生の選択肢は広がりますし、
誰かを喜ばせる可能性も、お金がある人の方が高いです。

 

結論

ハッキリ言って、労働者の立場のままで給料をもらうだけでは
お金がない問題から抜け出すことは100%不可能です。

 

極論を言えば、サラリーマンや公務員として
雇われているからこそ、貧乏になっているんです。

 

 

給料がきちんと入ってくるにもかかわらず、
お金がたまらない原因は、支出の多さにあるでしょうけど、
支出を少なくするだけでは何の解決にもなりません。

むしろ、支出を少なくして貯金を殖やすだけでは、
自分を追い詰めて自滅する、哀れなオチまっしぐらです。

 

間違っても、支出を切り詰めるだけでどうにかなるという
薄っぺらい考えは持たない方がいいでしょうね。

ただ単にコストカットすれば解決するほど、
金欠は薄っぺらい問題じゃありません。

もちろん、貯金するだけでどうにかなるほど、
甘っちょろい問題でもありません。

 

 

お金を残すためには、

1.お金を増やすこと(労働時間を増やすのではなく)

自分だけの不労収入源を自分で作る。

2.お金の守り方を知ること。

たとえば、会社を作ることでお金を守る。

 

この2つの行動を起こすことであなた自身だけでなく、
あなたが大切に思う人までも守れるのです。

 

 

 

貧乏は、抜け出そうとしない限り貧乏です。

お金がない現状から目を反らしたところで、
あなたの今は何一つ変わりませんよ。

 

それから、自分が貧乏であるために悲劇(たとえば強盗などの犯罪)は
起こっていますけど、貧乏をこじらせると悲劇を起こす
人間の仲間入りしやすくなります。

 

「バカバカしい。俺がそんな奴らと一緒になるわけないだろ!」

 

と、あなたは思ったかもしれませんが、窮地に立たされると
何をしでかすかわからないのが、人間という生き物ですよ。

この記事を書いた人

前田 真
前田 真
九州の西側出身の言葉が訛らない人。

2013年に大学卒業と同時に就職浪人になる。
資格試験や公務員試験に挑むも面接で惨敗し、
家族に非難をされる日々を送っていた。

それと同時に、サラリーマンとして雇われることに
不安と恐怖を感じ、終身雇用や愛社精神という
常識に疑問を抱くようになる。

すっかりサラリーマンになることへの熱意を失い、
常識に縛られずに自由になりたいと思うようになる。

インターネットサーフィンをしている最中に、
セールスライターやアフィリエイターの存在を知り、
お金になる文章やマーケティング、
自由な人生の邪魔になる思考の取り除き方を学ぶ。

現在も自由をつかむための情報をこのブログに発信している。
Pocket

関連記事

コメント

  1. アバター

    こんにちは☆

    給料日前でお金がない、
    当たり前化しすぎていて、
    雇われていたらまとまったお金は入ってくるが、増えることはない。
    このことに、ほとんどの人が気付いていないのではないでしょうか。

    わたしは、その事実を知った以上は、
    もう雇われているだけの人生は送れません(笑)

    応援します☆

    • 前田 真

      なあちゃんさん

      こんばんは。前田です。

      またコメントをいただき、ありがとうございます。

      給料日前にお金がない状況は苦しいものですけども、
      それが当たり前の認識になってしまったら、
      人は貧乏に慣れてしまいます。

      しかも、そんな日常に慣れてきている以上、貧乏から抜け出す気力がなくなり、
      当たり前の生き方こそが貧乏になっていることに気付くことはありませんし、
      何より給料以外のお金の殖やし方を知らない人は今を生き辛く生きるしかなくなります。

      何にせよ、自身の貧乏に対して本気で向き合う必要がありますね。

      でも、雇われて汗を流して給料をもらうことが貧乏をなくせると
      本気で思っているのが多数派であり、汗を流すだけでは何の解決にも
      なってないことに気付かず、結局は貧乏のままになるんですよね。

      まぁ、これからも「常識通り」の生き方から抜け出せずに、
      結局は貧乏になるのが大多数ですけども。

  2. アバター

    こんばんは。
    お金を増やすためにはコストカットをしたり、労働対価による収入ではたかが知れてますよね。
    いかに不労収入で大きな収入を得るかを考えていくべきですね。

    • 前田 真

      QooAIBOさん

      こんばんは。前田です。

      いつもコメントありがとうございます。

      要は、お金がないからコストカットや貯金、
      今まで以上に労働に励もうとするのは、
      根本的な解決にならないことに気付くかどうかです。

      でも、誰もがお金がなくて困っている状況にいながら、
      忙しさなどで自分自身の貧困をどうにかすることができずにいるから、
      いつまで経っても貧乏に苦しめられるんですよね・・・。

  3. アバター

    こんにちは

    昔ある本で、カエルの実験の話を読んだことがあります。
    熱湯のビーカーにカエルを落とす(ちょっと残酷ですが・・・)と
    カエルは熱さで瞬時にジャンプしてビーカーから逃れるそうです。

    ところが、水の入ったビーカーにカエルを入れて、火をたいて徐々に水温を上げていくと
    何も抵抗せずに死んでいってしまう(もっと残酷ですね)

    ホントかどうかはわかりませんが、言いたいことは前田さんと一緒ですね。

    僕もそういった意味では、仕事を変えるまでの決断はできませんが、現状を打破する気持ち
    は持っているつもりです。

    今日もありがとうございました。応援完了です。

    • 前田 真

      トシさん

      こんばんは。前田です。

      いつもコメントありがとうございます。

      お金がないのが当たり前、周りもそれが美徳だとしていると、
      苦しくどん底の状況にいたら、ずっと苦しいままで人生を終えてしまいます。

      しかし、お金がない現実に慣れてしまうと、貧乏から抜け出す気をなくしますし、
      お金以上に大切なものを失っていくのがデフォルトになります。

      私はそんな状況をよしとはしませんし、仕事が忙しく、
      仕事に追われていると自分の貧乏に対して本気で
      向き合えない(向き合わない)有様を見ると、
      どことなく哀れでなりません・・・。

      あと、カエルの実験の話のように、お金がない苦しみが過ぎると
      その苦しみに何の抵抗もしなくなるのは的を射たものだと思いました。

  4. アバター

    こんにちは!
    おっしゃる通り。
    雇われの身では、忙しいですが、お金に余裕がある人はほとんどないと思います。
    働く=お金を稼ぐ ではないですよね。
    時間の安売りをしていると思います。
    このような現状から脱出できるように頑張ります。

    • 前田 真

      いずてんさん

      こんにちは。前田です。

      時間は有限かつ貴重ですが、時給や月給で働く以上は、
      自分の時間の価値を職場によって勝手に決められてしまいます。

      自分が今以上にお金と時間の余裕を持ちたいなら、
      自分自身の手で稼ぎつつ、仕組み化して、
      自分を無理矢理働かせるのをやめるまでです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

代替テキスト

名前:前田 真

大学卒業と同時に就職浪人となった上に、
その後も民間企業への就活、行政書士試験、
公務員試験で惨敗経験のある九州人(長崎)。

雇われて生きることへの絶望感、
雇われては手に入らない、
本物の自由を求めたことから、
たまたま知ったネットビジネスを始める。

始めて2か月目、雇われることなく
お金を稼いでしまい、驚く。

同時に、揺るぎない自信と
未来への希望を手に入れる。



このブログでは、以下2つの記事を
メインに公開しています。

1.売るべくして売るために必要な、
文章作成、人間心理の知識

2.サラリーマンでは絶対に得られない、
時間・心身・金銭の自由をつかむための
頭の使い方、発想、考え方



もし、あなたが今に不満を持ち、
自由を心から求めるのでしたら・・・

まずは、すぐ下のリンクから自由をつかむための
勇気ある一歩を踏み出してみてください。


⇒ 自由をつかみたいあなたへ


ブログランキング参加中です。読む価値があったと
思いましたら、リンクのクリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ

あなたの応援、いつもありがとうございます。


更に詳しいプロフィールは、こちら
⇒ 管理人の詳しいプロフィール

お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム
すぐ上の画像をクリックすると、
お問い合わせページが開きます。

質問や感想などは、お気軽にどうぞ。

お問い合わせに返信できない場合がございますが、
全てのお問い合わせにきちんと目を通します。

「本物の」自由な世界行きのバイブル

自由な人生を手に入れる教科書

「雇われて、ストレス抱えて、
定年退職後からが本当に
自由な人生」

あなたはそんな常識に
違和感を感じていませんか?


違和感を感じているなら、
あなたは正しいです。

そんな常識は古代の誰かが作った
現実と合ってないまやかしです。


もう古代の常識に縛られずに
これからの未来を満足に生きたい!


そう思うのでしたら、
「自由を手に入れる教科書」
読んでみてはいかがでしょうか?


今なら、Amazonベストセラーランキング1位の電子書籍を無料+豪華特典付き
手に入れることができますよ。

無料で自由へのバイブルを見る!

レビュー記事はこちら!

「不幸な習慣」、今すぐ取り払いませんか?

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!


いくら、お金になるスキルを持っていても、
自分を不幸にする習慣を持っていたら、
ブレーキをかけながら走るように、
結果が出せないものです。

思った以上に結果が出ないと感じている
あなたに必見の一冊を上記のリンクから
今だけ無料(送料別)で手に入れることが
できます。

まだ学習に時間かけてるの?

教材をいざ買ってみたけど、
時間不足や消化不良で
稼げずに手間取ってる…。

なんだか、周りの人より
学習内容の飲み込みが悪く、
劣等感を感じている・・・

そうなる理由は、あなたが学習のやり方を
知らないからだと考えられます。

あなたがそんな悩みを抱えているなら、
多少ズルいけど頭に素早く長く入れ込む
学習法を試してみませんか?

今まで受けた学校教育では決して学べない、
「学習の方法」をあなたのものにしませんか?

リンク先のページからなら、
今だけ66%オフの価格で手にできます。

ズルくてもいいから、教材を素早く消化して、
稼げない自分を卒業したい人は・・・

⇒ こちら!

Twitter

スポンサーリンク